日本語
Yuber Programming School site
ユーバープログラミングスクール
10:00~18:00

ユーバー制作協力のプログラミング教材、ベネッセ「進研ゼミ小学講座」のオプション教材 「かがく組3年生」プログラミングWEBで25日配信開始

図1

2019.7.25

子ども向けプログラミング学習サービスを展開するユーバー株式会社(千代田区、代表 中村里香、以降「ユーバー」)は、25日、制作協力を行った小学生向けプログラミングレッスン教材が、ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:小林仁、以下「ベネッセ」)のプログラミングWEB学習サービス「イマクリ」で配信開始されたことを発表しました。

imakuri

「イマクリ」は、ベネッセの提供する「進研ゼミ小学講座」のオプション教材「かがく組3年生」会員専用の安心安全なプログラミングWEBコンテンツです。目的に向かい試行錯誤するプロセスを重視しており、解説と実習のスモールステップでプログラミングスキルを習得する「イマクリレッスン」と、得た知識を使いテーマにあった自分の作品を創り投稿する「みんなのイマクリ」の2つの機能で構成されています。

 

ユーバーは、Scratchを用いた子ども向けプログラミングコンテンツ開発の実績と直営校でのノウハウをもとに、「イマクリ」で、子ども達が楽しく無理なく学べるプログラミング教材の制作に協力しました。ベネッセが「イマクリ」で大切にしている「社会の課題を自分の事としてとらえ、テクノロジーの力で解決していこうと思える気持ちとスキルを育成すること」の実現のために、ベネッセとユーバーはイマクリレッスンにおいて、子どもが課題解決への目的意識をもって、予想を立て試行錯誤できるような身近なシーン設定や出題内容にこだわり改良を重ねました。

21世紀社会に必要な力を広く等しく多くの子どもたちに楽しみながら学び身につけてほしいと考え、今後もユーバーは、高品質なプログラミング学習教材の開発提供に努めてまいります。

 

 

「進研ゼミ小学講座」オプション教材「かがく組3年生」プログラミングWEB「イマクリ」について

イマクリ配信開始 7月25日

詳細 https://szemi.benesse.ne.jp/op/kagaku/

リリース全文 https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20190717_release.pdf

 

 

ユーバー株式会社について

「楽しくて続けやすいプログラミング教育をすべてのお子様とお家の方へ」を理念として豊洲、東陽町、九段下で幼児、小学生向け直営教室運営。出張ワークショップ、講師育成講習会、教育機関向けプログラミング教材「うさプロ」販売も行う。著書「遊びながら楽しく学ぶ!小学生のScratchプログラミング(ナツメ社)」。2017年、2018年小学生チームが2年連続「デジタルえほんアワード キッズ賞」グランプリ、準グランプリを受賞。http://www.digitalehonaward.net/

Webサイト https://www.yuber.jp

住所 〒 102-0074東京都千代田区九段南1丁目5−6 りそな九段ビル5F KSフロア

代表 中村 里香

 

スクラッチは米国マサチューセッツ工科大学のメディアラボで開発された子供など初心者向けのプログラミング言語です。Scratch is a project of the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab (https://scratch.mit.edu).

 

■本リリース全文はこちら

 

 

■本件に関するお問い合わせ先

ユーバー株式会社 中村里香

Email: info@yuber.jp

Tel:03-6869-2414