日本語
Yuber Programming School site
ユーバープログラミングスクール
10:00~18:00

チームユーバーでデジタルえほんアワードに挑戦! 〜プログラミングで想いをつなごう〜

トーチ

5歳から12歳、 82名のキッズクリエイターによる「みんなでつなぐトーチリレー」がついに完成しました!
第6回デジタルえほんアワードキッズ部門エントリー作品経済産業省とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会共催の企業合同技術展示会「COUNTDOWN SHOWCASE(カウントダウン ショーケース)」出展作品。

デジタルえほんアワードに向けたワークショップのご参加お申し込み受付は停止いたしました。
本ワークショップ開催をご希望の団体様はこちらからお問い合わせください。

協働参加チームを大募集!ユーバー講師が出張無料プログラミングワークショップを行います!

チームユーバーで デジタルえほんアワードに挑戦!

〜プログラミングで想いをつなごう〜

前回大会キッズ賞グランプリを獲得したチームユーバーで一緒にトーチリレーをプログラミングしませんか?

 

今年も、国際デジタルえほんフェア実行委員会主催で「第6回デジタルえほんアワード」が’開催されます。前回大会キッズ賞グランプリを獲得したチームユーバーは今年もアワードに挑戦します。テーマは、スクールの小学6年生発案によるトーチリレーにきまりました。今年も Scratch(スクラッチ)でオリジナルえほんの開発です。プロジェクト管理、企画、トーチの説明資料などもスクール上級生が協働で担当し、講師がサポートしています。トーチリレーの各都道府県に関する調査、プログラム開発、グラフィック制作は子どもたちが分担します。

47都道府県を開発するちびっこイラストレーター、プログラマーが足りません!!小学校のアフタースクール、保育園、幼稚園、児童館、子どもパソコンクラブ、地域ICTクラブなど、小学生以下の子どもたちのチームならどなたでも応募いただけます。ユーバープログラミングスクール講師が出張で無料ワークショップを行いますので、プログラミングが全く初めてでも問題ありません。協働メンバーとしてチームユーバーでトーチリレーをプログラミングしませんか?



 募集概要

参加対象 以下に該当する小学生以下の子どもの団体 ※必ず保護者または指導者の方がエントリーし、ご同席ください。

  • チームに絵を書くのが好きなお子さんがいる
  • プログラミングに興味がある(全くの未経験でも構いません)
  • 小学生、幼稚園保育園のお子様 6名以上とその指導者または保護者のチーム
    例)小学校のアフタースクール、保育園、幼稚園、児童館、子どもパソコンクラブ、地域ICTクラブなど
開催形式 ユーバープログラミングスクールの講師が、チームのみなさまのもとへ出張してワークショップ開催をお手伝いします。
概要 【制作概要】

ランナーが47都道府県を走り、トーチを運ぶ場面をプログラミングします。
1人または1チームで1都道府県を担当していただきます。担当地域の特色や名所などを調査し、背景を描いていただきます。トーチを持って走るランナーも描き、ランナーの動きをプログラミングします。

※開発いただいた作品は、スクール内の上級生や講師が応募のために1つのプログラムファイルにまとめます。エンドロールには協力してくださったすべての皆様のお名前(ニックネームなどご希望のもの)を掲載します。

【ワークショップの流れ】

次の①から④の工程を2時間2回、または4時間1回で行い、ご自身のチームの担当部分の作品を完成します。

①マウスの使い方、スクラッチの使い方学習(講義形式で実習します)
②担当都道府県を調査
③グラフィック作成:背景、ランナーのキャラクターなど必要な絵を描きます。都道府県パーツは彩色していただきます。
④スクラッチ開発:ランナーの動きをプログラミングし調整します。

【その他】

※完成した応募作品のレビュー会については別途ご案内いたします。

講習費用 無料
日時・場所 2018年8月〜9月初旬までの平日(9月は放課後も可能)・場所は協議の上決定
定員 3チーム程度を予定しています。ご参加者の人数によって変更となる場合もございます。
*定員に達し次第、受付を停止いたします。
ご用意いただく機器など
  • 参加者の利用するパソコン(WindowsまたはMac)
    *Adobe AIR .6以上
    *23MB以上の空き容量
  • インターネット環境
  • 電源の供給が可能で、机や椅子などの設備のある居室
  • プロジェクター

不足するものがある場合は、ご相談ください。

お申し込みに際してのご同意事項・ご注意点 必ず以下をご確認ご同意の上お申込みください。

  • 作品の著作権はユーバー株式会社に帰属となります。作品の公開等についてはデジタルえほんアワード応募要項をご確認ください。
  • 作品は、経済産業省とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会が共催する企業合同技術展示会「COUNTDOWN SHOWCASE(カウントダウン ショーケース)」他、各種展示会での展示も予定しています。
  • 日程は期間内(8月から9月初旬)の平日で講師と参加者の都合を調整し決定いたします。ご希望に添えない場合もございますこと予めご承知おきください。
  • お申し込み多数の場合は、記載内容に基づき選考させていただく場合もございます。
  • 会場費や機材利用費、参加される方の会場までの交通費など全ての費用はお申し込み団体にてご負担ください。
  • 会場が、弊社(東京都千代田区)より50キロメートルを超える場合、講師の交通費実費、宿泊を伴う場合は宿泊費を申し受けます。
  • 利用するパソコンでスクラッチの利用が可能であることを事前に確認してください。(不明な場合、講師が確認のお手伝いをいたしますのでご協力ください。)
  • 講座内容や教室運営に関するアンケートやインタビューにご協力をお願いします。
  • 成果物やご意見、開発風景写真などの広報利用にご協力ください。
お申し込み・お問い合わせ 募集を終了いたしました。ご協力誠にありがとうございました。

以下を明記しこちら よりお申し込みください。

  • 代表者氏名(ふりがな)
  • 代表者連絡先メールアドレス(@yuber.jp ドメインからの受信が可能なもの)
  • 代表者連絡先電話番号(日中連絡がつくお電話番号)
  • 法人や組織の場合名称
  • 法人や組織の場合:URL
  • 参加(予定)の子どもの人数
  • 参加(予定)の子どもの学年・年齢構成
    (10−11歳 6名、5歳2名と6歳1名と9歳3名 など内訳を記載してください。)
  • 開催予定会場住所
  • 開催希望候補日
  • その他ご連絡事項
その他 基本操作編の教科書サンプル

昨年度開催の第5回デジタルえほんアワードでは、チームユーバーのワークショップに参加した子どもたちが制作したデジタルえほん作品がキッズ賞グランプリを獲得しました。作品は、こちらでご覧いただけます。

デジタルえほんアワード とは

こどもたちにとって「たのしい! みたことがない! 世界が広がる!」 そんな世界各国のデジタルえほんが集まるコンペティションです。絵本作家のいしかわこうじさん、株式会社KADOKAWA 取締役会長 の 角川歴彦さん、脳科学者の 茂木健一郎 さんなど 著名な審査員による審査を経て、世界一のデジタルえほんが決定されます。第5回デジタルえほんアワードでは世界32ヵ国から約300作品の応募が集まるなど、世界的に注目を浴びるアワードへと発展しています。詳細は、デジタルえほんアワード をご参照ください。

発表資料全文はこちらです。