日本語
Yuber Programming School site
ユーバープログラミングスクール
10:00~18:00

ワークショップや授業で作ったScratch のプログラムの続きを行うには

おうちの方へ


ユーバープログラミングスクールの Scratchコース(親子で挑戦!プログラミング体験会 ふくむ)で練習をしたプログラムの続きをご自宅のパソコンで学習する手順についてご案内します。いくつかの方法がありますが、ここでは、パソコンのWebブラウザを利用してインターネットでScratchのWebエディタを利用する手順を紹介します。(https://scratch.mit.edu/projects/editor/

パソコンにはアプリケーションをインストールしません。

必要なもの

  • パソコン Webブラウザが利用できること(Windows、MACなど)
  • インターネット接続
  • お子様が作成した プログラム(<ファイル名>.sb2)
    ※<ファイル名>の部分は適宜読み替えてください。

 

ご注意点


インターネット上のマサチューセッツ工科大学メディアラボのScratchのサーバーにユーザー(メールや情報を登録してログインをして利用するためのアカウント)を作成せずにゲストとして使用します。よって練習した結果はサーバーには残りません。必ず以下の手順でご自宅のパソコンに保存するようにしてください。次回はご自宅のパソコンから読み込んで続きを作成します。


準備

ユーバープログラミングスクールからのお知らせメールにしたがって 作成した成果物のプログラム(<ファイル名>.sb2 )をダウンロード、パソコンに保存してください。
※このテキストでは “ダウンロード” ディレクトリの下に保存した場合の例で記載しています。適宜読み替えてください。

【プログラミングを行う手順】

1.パソコンでWebブラウザを起動し次のURLを表示します。

https://scratch.mit.edu/projects/editor/

次のような画面が表示されます。

1

2.ご自宅のパソコンに保存してあるファイルを読み込んでWebブラウザのScratch画面に表示します。「ファイル」メニューをクリックし「手元のコンピュータからアップロード」を選択します。

2

3.ファイルを選択するウィンドウが表示されます。ダウンロード ディレクトリに保存した場合は以下例のように表示されます。

<ファイル名>.sb2を選択して[開く]をクリックします。保存先のディレクトリやファイル名は適宜読み替えてください。
3

 

4.次のように確認のダイアログが表示されたら[OK]をクリックします。
4

5.アップロードしたプログラムが画面に表示されます。自由にプログラムを作成してください。

5

ご注意点


マイクやカメラなどの周辺機器にアクセスするプログラムの場合、以下の例のようにアクセスの許可を求めるダイアログが表示されます。[許可]を選択すると実行することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88

 


6.変更したものを保存したい場合は、サーバーではなくご自宅のパソコンに保存します。
「ファイル」メニューをクリックし「手元のコンピュータにダウンロード」を選択します。

6

 

7.次のウィンドウが表示されます。ファイル名を指定して[保存]ボタンを押してください。

7

 

次回以降は、保存したファイルを同じようにアップロードしてください。

【パソコンにスクラッチローカルエディターをインストールするには】

教室と同様にご自宅のパソコンにスクラッチをインストールしたい場合の手順を紹介します。

  1. 以下より必要な AdobeAir と Scratch のインストーラをダウンロードしてください。
    https://scratch.mit.edu/download
  2. AdobeAir、Scratch の順にインストールします。
  3. インストールが完了するとスクラッチが起動されますが言語が英語になっています。
    画面上部のメニューバー「ファイル」の左隣の地球儀のようなアイコンをクリックします。
    言語のリストが表示されますので下の方にスクロールして「にほんご」を選択してください。

ご不明な点がございましたら、ご受講コース名とご質問内容を以下へご連絡ください。
ユーバープログラミングスクール 事務局

お問い合わせ

すべてのお子様の未来のために!よりよい教材と教育の場を創造してまいります。